田舎に平屋の注文住宅を建てることのメリット

地方都市は土地が安い!

東京などの首都圏で土地を購入すると、かなりの費用が掛かります。首都圏で注文住宅を建てるのは給料がよい人ならばできますが、比較的低収入の人には難しい部分もあります。ですが、首都圏から遠く離れた地方都市であればそれが実現できる可能性が高まるのです。地方都市で新築住宅を建てるメリットは、土地が安く購入できるという事です。都市によっては数百万円単位で購入できる場合もあるのです。もちろん首都圏に比べると地方都市は車社会であり、生活に不便である場合もあります。ですがもしも、土地が数百万円単位で購入できるのであれば、銀行のローンを利用せずに、現金での購入も可能になるので、住宅ローンに苦しめられることはなくなります。

平屋ならば建物代もかからない!

地方都市は土地が安く、場合によっては現金購入も可能です。さらにその土地に建てる建物を平屋にすれば、建物費用を浮かすことも出来ます。平屋であれば重量鉄骨や鉄筋コンクリート造りのような頑丈なつくりにする必要はなく、木造づくりで十分です。木造であれば鉄筋や鉄骨に比べて費用が安く済みます。さらに平屋であれば木造であっても地震に強く、倒壊する危険性が低くなります。首都圏に家を持つと数千万円単位の金額が必要です。ですが、地方都市の平屋住宅であれば、土地代と建物代ともにかなり費用を節約して、完成させることが出来るというメリットが有るのです。ただし地方は前述のように車社会なので、土地には必ず駐車場を設けておきましょう。