田舎に家を建てることの魅力

田舎は土地が安いのがメリット

注文住宅を建てようと考えたとき、予算の問題は誰しも頭を悩ませることでしょう。広い家を希望していたり自分の庭で家庭菜園を夢見ていた人にとって、都会での家づくりは諦めなければならないことが多いです。しかし、田舎ならそういった夢がすべて叶うかもしれません。

田舎は都会に比べて土地の価格が安く、さらに一つ一つの販売されている土地が広いため、理想のマイホームを形にできます。土地が安い分、予算の中の建物にかける金額の割合を増やすことができますので、凝ったデザインの住宅を建てることも可能です。さらに空いている土地が広いため、平屋の家でも十分な広さを確保でき、老後まで考えた暮らしやすい家を建てることができるでしょう。

家が広く、駐車場や庭のスペースが豊富

田舎の広い土地に住むメリットはいくつかあります。1つ目に、家族で自由にできる庭が手に入ることです。庭で子どもを遊ばせることも、友人たちを呼んでバーベキューをすることも、家庭菜園をすることもできます。2つ目に駐車場に困らないことです。自分の家の土地に駐車場をつくれば、家族はもちろん、親戚が集まっても敷地内にとめることができます。駐車場が常に用意されていれば、子どもが成長して車を持っても安心できます。3つ目に、広い家が作れることです。広いマイホームは、多くの人にとって憧れです。土地の広さは田舎の特権であり、たとえ予算が潤沢にあっても、都会に家を建てようとしても空いている土地が狭く、思い通りの家は建てられないと言えるからです。